日焼けケアに市販のニベアは効果があるのか説明しています。様々な種類が発売されており、その歴史も長いニベアシリーズ。その中でも保湿効果が高くスキンケアクリームとして万能説まで囁かれる『ニベアクリーム(青缶)』ですが、日焼けケアにも使えるのかどうかを解説しています。

ニベアクリームの特徴

日焼け ケア ニベア1

青い丸い缶のニベアクリーム、ドラッグストアやスーパーなどどこでも見かける商品ですよね。値段も手頃で、小さいころから家に1つは常備してあった記憶がある方も多いのではないでしょうか。

ドイツで生まれた商品で、日本には1968年に伝わってきました。かなり昔からあり常備薬のようなイメージも強く、スキンケア用品としてはあまり注目されていなかったニベアですが、マドンナなどが使用している高級クリームと成分がほぼ同じであることで近年話題になりました。

保湿効果の高いスクワランやホホバホイルなどが配合されており、体だけではなく顔にも使用することができる肌に優しいクリームなのです。

ニベアは日焼け直後は逆効果

肌のケアに効果の高いニベアですが、日焼け後すぐに肌に塗ってしまうと逆効果なのをご存知でしょうか。日焼け直後の肌は軽い火傷の状態なので、傷ができているのと同じ状態です。

普段よりもかなり敏感になっており、ヒリヒリとかゆみもある状態の肌にニベアを直接塗るとかゆみが増大してしまうのです。肌を保護する成分を多く配合していますが、これは通常の肌にプラスするためのものです。

傷を負った肌に塗ると、肌はその成分を不要と判断し、かゆみを増大させてしまいます。普段は絶大な安心感のあるニベアですが、日焼けの処置をせずに塗ることは絶対にやめましょう。

日焼け直後の正しいケア

日焼けの直後はとにかく冷やすことと、水分補給が大事です。熱く火照っている部分を濡れたタオルや保冷剤などで冷やして落ち着かせるほかに、水分をしっかり摂るようにしましょう。

肌に帯びた熱で水分が蒸発しているため、肌も体も水分が不足しがちになります。冷やした部分が落ち着いたら刺激の少ない化粧水を多めに使用し、外側から水分補給をします。

この時化粧水は冷蔵庫で冷やしてから使用すると良いでしょう。ニベアは肌の水分を逃がさず乾燥から守るための保湿成分に優れたスキンケアクリームです。

日焼け後の肌は水分が失われているため、ここに直接塗ってしまうと意味が無いのです。

ニベアの適切な使用タイミング

日焼け ケア ニベア2

日焼けの直後に塗るのは良くないですが、肌は紫外線のダメージを受けて乾燥しやすい状態になっています。

紫外線は肌の潤いを保つコラーゲンを破壊する効果があるほか、細胞を傷つけるため肌のターンオーバーが早まり、不完全で弱い状態の肌になってしまいます。

日焼け直後の冷やす・水分を補給するケアをして肌の状態が落ち着いてから使用する分には問題はありません。

成分的にも普段のスキンケアとして使うには申し分ないほどの商品ですし、手に入れやすく安価ですので、日焼けで荒れてしまった肌の手入れに全身たっぷりと使うには適していると言えます。

まとめ

一家に一缶と言われるほどの安心感のあるニベアですが、日焼け直後の肌には逆効果なのがわかったかと思います。万能なスキンケア用品かもしれませんが、使う場面を誤れば悪化させてしまうこともあります。

どんなに良いものでも下地となる肌が傷ついている状態では本来の効果は発揮できません。日焼けのケアは慎重に行うようにしましょう。

おすすめ記事

飲む日焼け止めのランキングトップ3!効果と口コミは?

日焼けで肌がまだらになってしまったら?皮膚を剥くのは絶対にNG!

日焼けの水ぶくれと汗の関係は?水ぶくれのできるしくみは?

日焼けの皮むけで鼻の原因は?なぜ鼻だけ日焼けしやすいの?

日焼けの皮むけをきれいに治す方法は?皮をむいても大丈夫なの?