乾燥肌は、水分と油分の適切なバランスの崩れが原因となります。乾燥肌を改善するためにも、美肌へのスキンケアをは何がポイントとなるのか。また、おすすめのスキンケアと、美肌へのこつとは?乾燥肌になるメカニズムと、クレンジングや洗顔のおすすめポイントをお伝えします。

自分の肌の状態に合わせてスキンケアを行い、潤ったもちもちの乾燥肌から美肌にお肌を導きましょう。

乾燥肌を改善するためには?

乾燥肌 スキンケア おすすめ1

乾燥肌は肌の表面が乾燥している状態で、水分と油分が足りていない状態になっています。

水分と油分は、肌のバリア機能を果たしており、皮膚の水分の含有と外部からの刺激から守る2つの大切な役割があります。

水分と油分のバランスを整えてあげる事が、乾燥肌を改善するうえで最も重要なポイントとなります。

なぜ乾燥肌になるのか?

乾燥肌の原因の一つとして、間違ったスキンケアがあげられます。空気の乾燥も外的な要因になる事もありますが、肌にはもともと水分を保持する機能があるため、良かれと思って行ったスキンケアがバランスを崩してしまう原因となっている…!という場合が多く占めています。

他にも、栄養バランスが足りていなかったり、睡眠不足などの生活習慣や、紫外線や空気の乾燥などの外的な要因もあげられます。

クレンジングとスキンケア

まず、お肌のために帰宅したらメイクをすぐに落とす習慣をつけましょう。お化粧品や美容液などが肌に長い時間塗ってあると、皮脂とまざり場合によっては肌あれを起こす原因となります。

きちんとお化粧を落とす、という事は綺麗なお肌を保つためにとても大切です。靴を脱いでかばんを置いたら、手洗いうがいと同じタイミングでお化粧を落とすような習慣をつけていると、疲れている日でも自然な習慣になりやすいのでおすすめです。

クレンジングは肌への刺激が強いため、できるだけナチュラルな成分のものをおすすめします。どんなクレンジングでも、お肌を触る場合は指のお腹の部分をつかって、やさしく円を描くようにお化粧をおとしていきます。

すすぎはしっかりと、オイルやお化粧が残らないように行います。その際、アイメイクや口紅などの落ちにくい部位は、ポイントでクレンジングを行うとより効果的です。

洗顔の際に気をつける事

洗顔の際も、柔らかく肌に触れる事を意識しましょう。洗顔料はそのまま顔につけるのではなく、たっぷりと泡立ててふわふわな状態にすると、きめ細かい泡を作って汚れが落ちやすくなります。

自分の手で泡立てるのも一つのやり方ですが、ネットやスポンジを使うと簡単にホイップ状の泡が作れるのでおすすめです。100円ショップなどでも購入する事ができます。

また、ネットやスポンジは水分を含むため雑菌がたまりやすく、2ヶ月~3ヶ月を目安に新しいものに取り替える事をおすすめします。

保湿は肌を守り、美肌に導く近道

乾燥肌 スキンケア おすすめ2

メイクをしっかりと落としたお肌は、保湿する事が大切です。きちんとした洗顔と保湿は美肌作りの基礎と言われており、しっかりと行う事で肌が本来持っている力を最大限に発揮できるようになります。

洗顔後は、タオルで水分を吸収させたら化粧水でたっぷりと保湿しましょう。化粧水を塗った後に、両手で肌を包み込み、じんわりと温めると浸透率がよくなります。

また、首やデコルテまで化粧水を伸ばし、乾燥を防ぎましょう。化粧水で肌に潤いを与えた後は、美容液や乳液でふたをします。肌の奥まで潤いをしみこませるためにも、美容液や乳液は効果的です。

まとめ

クレンジングや洗顔をしっかり行う、保湿を丁寧にするという2つの基本で肌トラブルが改善される事があります。基本に忠実に、丁寧にケアを行いましょう。