乾燥肌スキンケア20代の注意点を説明しています。10代の頃と肌の調子が違う…ファンデーションの伸びが変わってきた、と肌の違いに悩まされている方もいるのではないでしょうか。20代の肌は、大人の美容の入り口です。乾燥肌とはどのような状態担っているのか?また、乾燥肌を防ぐスキンケアをお伝えします。

乾燥肌からつや肌にするためにも、基礎知識を身につけて乾燥肌からおさらばしましょう!

スキンケアの正しい知識

乾燥肌 スキンケア 20代2

学校や仕事、日々の生活に忙しい20代女性。毎日忙しくすごしている分、肌に受ける刺激も多くなります。季節の変わり目や環境の変化で乾燥肌に悩まさせている方も多いのではないでしょうか。

正しいスキンケアを行う事で、お肌を美肌に保ちましょう。20代で多いお肌の悩みとして毛穴の開き、テカリ、化粧くずれの原因となる皮脂の悩やみが多くよせられます。

お肌は水分と油分の適切なバランスで肌が自発的に持つバリア機能を発揮しますので、多すぎても少なすぎても乾燥肌になったり肌トラブルを起こす原因となります。

乾燥肌を防ぐスキンケアとは?

乾燥肌の原因となるNGスキンケアとはどんな事を指すのでしょうか?まず、毎日行う洗顔ですが、顔を洗う際は(1)シャワーを直接あてる(2)熱いお湯であらう(3)洗う時やふく時に顔をこする(4)保湿が化粧水のみ、の4つに分類する事ができます。

シャワーを強く直接あてたり、熱いお湯で洗ってしまうと、必要な皮脂まで洗い落としてしまう事があります。お肌は適切な水分と皮脂がバリアとなり、外部からの刺激を吸収し皮膚内の水分を保持する事がベストな状態ですので、お湯の温度は26~30度前後で優しく洗う事が理想的です。

洗うときに洗顔料を使用する場合、ネットで泡だて、クリーミーな泡で顔をやさしく洗いましょう。ひとさし指となか指でくるくると円を描くように優しく洗うことが大切です。顔をふく場合はごしごしと肌をぬぐうのではなく、清潔なタオルで優しく水分を包み込みます。

また、洗顔後の保湿が化粧水のみの場合、保湿がたりずに乾燥肌を引き起こす原因となる場合があります。

保湿のススメ~乾燥肌をもっちり美肌に~

洗顔後に化粧水を塗ったあとは、必ず美容液やクリームを使いましょう。皮脂の量が気になるから、あえて使わない…!という選択肢をとっている方は、要注意です。

化粧水のみだと、せっかく補った水分が体温で蒸発してしまいます。化粧水を肌の奥までしっかりと浸透させるためにも、美容液や乳液、クリームなどでふたをして水分を逃がさないようにする事が大切です。

一週間に一度か二度は、顔のパックなどを行うと一週間の肌の疲れをリセットする事ができるので、継続的な保湿が大切です。

まとめ

お肌は保湿やスキンケアだけでなく、ビタミンや睡眠などの生活習慣の見直しをする事が大切です。日々のちょっとした心がけで、乾燥肌をもっちり肌にしていきましょう!