乾燥肌に化粧水がしみるのはなぜなのか説明しています。

まず、化粧水がしみた場合メイクは敏感肌用を選ぶことが大事だそうです。

また、乾燥肌とはどうつきあうべきなにかを説明し、最後に、おすすめスキンケアのhow toと紹介しています。

化粧水がしみたと感じたら、敏感肌用の化粧水を使いましょう。

化粧水がしみた場合メイクは敏感肌用を選ぶ

乾燥肌 化粧水 しみる1

肌というのは季節の移り変わる時期においても過敏に反応するものです。なので、身体の調子の影響力もすぐさま反映されてしまいます。

それに伴っていつも使用する化粧水でさえたちまち利用できなくなったりするのです。肌のバリア機能が低下してしまうなど、肌内側で炎症が生じていたら 化粧水などの水気が多い物においてはある種の拒否反応が出てしまうことが多いことになります。

こんなふうに肌が過敏になっているケースでは日頃と一緒の手入れをするということは肌に負荷が加わります。

更には、肌のお手入れを簡単にするというのも必須ですが、メイクも敏感肌用を選ぶかメイクそのものを抑えるということも強く意識してすることをおすすめします。

そして、クレンジングもなるべく使用したくないので石鹸で取れるくらいのメイクにとどめるようにすると良いいでしょう。

乾燥肌とはどうつきあうべき?

洗顔をした後に、普段使っている化粧水でもしみる、あれ?と思った事のある経験のある方もいるのではないでしょうか。

お肌のバランスが崩れたり、生活習慣の乱れによって乾燥肌は起こります。乾燥肌は刺激に対して抵抗力が弱くなっているので、普段使っている化粧水でも痛い、ひりひりすると感じる原因となります。

また、空気が乾燥していたり、冷暖房にあたりすぎたりといった外的な要因から乾燥肌になる場合もあります。乾燥肌になった時に、大切な事は丁寧にスキンケアをおこない、「保湿」する事が大切です。

肌の表面からも、角質からも乾燥が起こっているため、保湿力のある化粧水や乳液、美容液などでお肌にうるおいを与えてあげるといいでしょう。

おすすめスキンケアのhow to

乾燥肌 化粧水 しみる2

つらい乾燥肌には、水分をしっかりと与えて丁寧な保湿が大切です。洗顔後に化粧水で潤いを与えたあと、両手で優しく肌をつつみ込むようにします。その後、クリームや美容液などの油分の入ったケア用品で水分の蒸発を防ぎます。

肌の乾燥がひどい時は、肌が敏感な状態ですのでしみる化粧水やケア用品の使用を控える事をおすすめします。肌を刺激しないようなワセリンを塗る事も1つの有効な方法です。あまりかゆみや痛みが続く場合や、慢性的な肌トラブルの場合、皮膚科での診療も大切です。

肌は自分の身体を映す鏡でもあります。スキンケアだけでなく、水分をしっかりととったり、栄養バランスに気をつけて食事をとる事も大切です。また、忙しい日々を送るなかで睡眠不足も肌の乾燥を引き起こす原因となります。

まとめ

乾燥肌は、毎日のケアと生活習慣から生まれます。しっかりと休息をとって、栄養バランスの良い食事とケアを心がけましょう。