かかとのガサガサにおすすめのクリームを紹介しています

。かかとつるつるクリーム、トプランかかと専用クリーム、なめらかかとスティックの3つの特徴と口コミを紹介しています。

最後に、尿素入りクリームの注意点を説明しています。尿素入りクリームは、長期間にわたって使用すると、余計に乾燥する場合があるそうです。

かかとのガサガサにおすすめのクリームは?

  • かかとつるつるクリーム
  • トプランかかと専用クリーム
  • なめらかかとスティック

かかとつるつるクリームの特徴

かかとつるつるクリームは、尿素と海洋性コラーゲンを配合したクリームだそうです。また、塗り付けるだけでかかとの角質ケアが可能で、ひじやひざ、ハンドクリームとしても利用できるそうです。

かかとつるつるクリームの口コミ

30代 3.0

少しだけべたつきが気に掛かる為に塗ったその後は靴下を着用して、少しした後で寝床についています。保湿力がかなりあるので、かかとの乾燥とひび割れがなくなりました。ちょっとずつ使用すればOKなので、とても長持ちしています。

40代 5.0

風呂で擦ってお手入れしたあとから塗り込みます。これまで、よくあるような保湿クリームを塗っていましたが治らずガサガサだったのですが、今は後わずかですべすべになりそうです。使用しだしてから一週間程度になります。

30代 5.0

冬になったら、かかとがガサガサになってしまうためこのクリームを塗りこんでみることにしました。なかなか伸びも素晴らしく浸透力もスピーディー方で乾くとそれほどベタベタしないことから使い勝手が良いです。

トプランかかと専用クリームの特徴

トプランかかと専用クリームは、硬くなったガサガサかかとをやわらかくするかかとクリームだそうです。尿素や、桃葉エキス、米ぬかエキス、アロエエキス、スクワラン、ホホバ油などを配合し、十分にかかとになじみ、やわらかく、すべすべな状態を保つそうです。

トプランかかと専用クリームの口コミ

40代 5.0

利用し続けると、足裏が柔らかくなって、カサカサかかとを修復してくれます。白いクリームでどちらかと言うと硬めな感じです。ところが塗りやすいし、伸びもバッチリです。ひじやくるぶし、膝にだって近頃では塗りつけているため、スベスベになってありがたいです。

10代 3.0

就寝する前に塗って、靴下をはいて眠りにつき一週間ぐらい実施しているところなんですが、目を見張るほどの成果はいまだにありません。付けはじめはしっとりしますが、明白にカサカサが改善されるということにはなりませんでした。加えて、べとつきが生じるため靴下は欠かせません。

30代 5.0

毎年毎年どれを塗ったとしてもひび割れてかかとが白くなっていたのですが今回に関してはそれが皆無です。若干皮膚が硬いですが見た目には滑らかでストッキングが引っ掛かることはありません。

なめらかかとスティックの特徴

なめらかかとスティックは、クリームをギュッと固めたスティックタイプなので、塗りにくいかかとや、ひじ、ひざに、手を汚さずに手軽に塗ることが出来るそうです。 また、天然保湿成分オリーブオイル・スクワラン配合でうるおいを充分に与え、肌にスッとなじむそうです。更には、入浴後はもとより、昼の間のケアにも使用できるそうです。

なめらかかとスティックの口コミ

40代 5.0

スティックタイプで手が汚れなくて塗りやすいです。そしてバタークリームを凍らしたかのような硬さが丁度よく塗るとスルスルとカカトに入っていくことも嬉しい所ですが、重ね塗りをしてしまうとベタつく為にすぐに靴下を履くというのはどのクリームを選んでも変わらないでしょう。

40代 5.0

塗りつけたあとは確かにべたつくため靴下を履いています。手を汚さなくて済みますから重宝しますが、付け残ったものが蓋を閉じる際に付くことから表側がベタベタになります。このため拭き取らなければならず、また使うとき手が汚れるのが難点です。

30代 4.0

ワセリンを塗るのとそんなに変わらないんじゃないかなーとも思いますが繰出し式で手を汚さずに塗れるというのはやっぱり楽です。手で直接塗るタイプの物は効果が高くてもめんどくさがりやの自分には続けられない気がするので、なんだかんだでなくなったらリピすると思います。

尿素入りクリームの注意点は?

尿素入りクリームは、尿素はたんぱく質に影響を及ぼすという性質のため、まともな皮膚に使い過ぎてはならないと言われているそうです。

このため、かかとのガサガサへの対処法として使用する場合であっても、長期間にわたって使い続けると肌のリズムがおかしくなり、さらにガサガサになる可能性があるそうです。